スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境省 名水百選 米子「天の真名井(あめのまない)」と因伯の名水「本宮の泉」行ってきた

平成24年5月4日
鳥取県米子市淀江
環境省 名水百選 米子「天の真名井(あめのまない)」と因伯の名水「本宮の泉」
自宅からクルマでぶらりと行って参りました。



場所は以下参照。
地図
鳥取県HPより

海から凄く近いです。
どの位近いかというと、天の真名井がある集落「高井谷」の高台から美保湾が見える位近いです。
高井谷より俯瞰

海から近い。さらに、交通量が多い国道9号(山陰道)が近くを通っているという土地柄です。

天の真名井のある集落「高井谷」は下の写真、右方の竹林の中にあります。
高井谷集落

案内に従って進むと手洗いが付設されている無料駐車場があり、水源から直接引いた「天の真名井」が汲み取れます。
水源までは遊歩道となっていて、春の小径となっていました。
天の真名井遊歩道

年季の入った水車もありました。この日は回っておらず。
水車

天の真名井俯瞰
水源地です。案内板と石碑がありました。

水源地
日量2500トンの湧水とのことです。
石は名水の飛沫を絶え間なく受け、瑞々しく苔むしていました。

採水したて
備え付けのひしゃくが嬉しかったです。採水したての名水は鮮烈という冷たさではなく、春の温かみを感じるような冷たさでした。もちろん、美味しかったです。



足を伸ばして、天の真名井の南部に位置する因伯の名水「本宮の泉」も行きました。

途中、昭和の時代に労苦の末整備した「淀江の水田」が圧巻でした。
淀江の水田

その丘の傾斜では、何気なく湧き水が流れ出ていました。
名のない湧水

本宮の泉は天の真名井よりも湧水量が多く、日量15000トンとも30000トンとも。
本宮の泉

水源から既にほとんど小川のようでした。
また、素晴らしく透明度の高い湧水でした。
本宮の泉2

こちらでも採水場所が整備されていて、手酌できます。
本宮の泉1

本宮の泉の入口には、浪江の水田に関する碑文がありました。
本宮の泉至近の淀江水田の碑文

当地区の水田は山間部の狭隘な谷間に作られ、道路の整備は困難を極めたということです。
本宮の泉の入口の前の丘では土砂崩れが発生したらしく、復旧の工事の最中でした。この様な所は当地区の丘で多く見られました。
何でもない丘の傾斜で湧水が見られる位なので、この土地は大山山系からの地下水が豊富で、丘の地盤は相当緩いのだと思いました。
激しい降水があると、たちまち崩れるのでしょう。
「名水の湧出する土地」といえば聞こえは良いですが、この土地の人々は自然と戦いながら暮らしているのだと感じました。



米子は自然の豊かな土地だと改めて感じました。

汲み取った水はお茶にして飲む予定です。楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お写真が上手ですね!天の真名井と本宮の泉は、私のとても大好きな場所のひとつです。故郷を長らく離れているので、写真を懐かしく拝見させて頂きました。
プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。