スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高専の教員になって(1)

全日制高校普通科→大学と進んだため高専とは無縁だった私
某高専の本科の教員になって1ヶ月弱。高専を学び続け・慣れ親しみ続けている最中ですが、
気付いたことを書き留めたいと思います。


今回のテーマ:高専教員(本科)の仕事

本科というのは、工業系の専門科目を教え、研究を行う学科のことです。
ペーペーの私の仕事は、

・授業(学生実験含む数科目)
・研究(卒業研究を行う学生指導含む)
・部活(大会引率と指導)
・校内の運営委員や寮の宿直
・科内の庶務

となっています。
私の高専は新任の教員を手篤く育てるという方針らしく、教授や准教授が受け持つような数の科目や運営委員などの校務は極力させないらしいです。

まあ、現時点では授業の講義ノート作成と研究テーマの模索で手一杯なので、配慮して頂いて大変有り難かったり。

国立大学の教員は裁量労働制らしいのですが、
私の高専は変形労働制を採用しています。
労働時間が定められていますので、出勤時刻までに出勤します。
17時までが定時ですが、大抵それ以降も自主的に残ります。
自主的に残る場合、残業とはなりません。
部活動指導は“自主的”に含まれるみたいです。
但し、科内の会議で17時を過ぎた場合、時間外労働を申請しますので、手当が出ます。
また、休日の部活の引率も代休などの措置が取られます。

自主的に残っている時のやっていることは、学生の研究指導だったり講義ノート作成だったりしますので、
少し納得いかないこともありますが、全般的には納得してます。

落ち着いてきたので、そろそろ博士論文で纏まった結果を学術論文化したいなぁ。。。と思っています。
(学術論文というのは、書いていないとだんだん書けなくなるらしいので)

続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 専門学校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

貴重な情報ありがとうございます!

現在、理系の博士課程の学生です。高専の教員という職業に漠然とした興味があるものの、情報量が少ないため、一体どういった仕事なのかと疑問に思っていました。貴重な仕事内容のお話、参考にさせて頂きます。どうもありがとうございました!

No title

ヒナさん

アンチモンです.返信有難うございます.
最近はやや忙しくてあまり高専教員のことを書けず心苦しい限りですが,
他にも高専教員に関する記事があるので,読んでいただければと思います.

もし,知りたいことなどありましたら,可能な限りお答えしますので
コメントをいただければ幸いです.
プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。