スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高専授業の講義ノート作成ポイント 覚え書き

平成24年4月から高専の教員(学科の助教)になるので、今(2月)から講義ノートを作り始めています。
受け持つ科目2科目の内、今は4年生に教える半導体工学の講義ノートを検討中です。

一通り教科書の内容を追う過程で、自分の理解が怪しかった所も復習出来ているので嬉しかったりします。
てか、3月まで教わる側の人間が、4月から逆の教える立場になるってのが分かっているとはいえオドロキです。
指導教員の先生のようなことが、この落第の俺に務まるんだろうか…という気持ちでいっぱいです。

講義ノートの作成ポイント<覚え書き>

定性的な理解が最優先の目標
 教科書の若いページの原理の部分で躓くとその前の記述はもう殆ど分からないので(経験から)、
 できるだけイメージを湧かせるように、教科書の図面を板書で丁寧に説明する
 演習も定性的理解を促す文章問題を多めにする

教科書を読んで分かりにくい物理量などを簡素に説明
 初学者が分かりにくい物理量、半導体工学で言えば誘電率や有効質量などを分からないままにして
 苦手にしてしまう前に、ワンポイントで説明

実際のプロセス(作製過程)が分かる授業にする
 pn接合や電極などの形成に用いる装置や方法を原理に先立って教えて、好奇心の刺激を狙う
スポンサーサイト

テーマ : 専門学校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。