スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズアップレンズで映画フィルム撮ってみた

これまでに引き当てたフィルムを以前アップしましたが,
画質向上のためにクローズアップレンズを使ってみましたので結果報告.

クローズアップレンズNo.5
「クローズアップレンズNo.5」です.
“マクロレンズは高くて手が出ない”場合に中間レンズと共によく使われるのがクローズアップレンズです.
私が使っているマイクロフォーサーズの標準ズームレンズ14-45 mmに装着するため,径52 mmをチョイス.
写真のとおり,大手量販店で2100円でした.

セットアップは以下のとおり.
セットアップ
プリントした写真を入れる半透明の袋をクリップで透明のCDケースに付けて,
その背後から蛍光灯の光を当てます.
三脚で固定したカメラ(クローズアップレンズ装着済)で接写します.

クローズアップレンズなしでは15 cm程度までしか接近できなかったのが,
クローズアップレンズありでは10 cm程度まで寄れました.

その結果がこれ(画像クリックで全画面表示します).
引き伸ばし画像

ムギビジョン発動しているムギがかわええですw

なかなか上手く撮れたので2Lの写真にしてみました.
2Lとフィルム
よーく見るとデジタルノイズが乗っているのですが,飾って遠目に見る分には無問題.

他のフィルムはL版にしてみました.
L版

2100円分の価値は見出せたと思います( ´∀`)

今回の方法を用いれば,デモンストレーションした映画フィルム(ポジフィルム)だけでなく,
ネガフィルムも当然できる(但し色彩の画像処理が必要)ので,昔撮ったフィルムも試してみたいと思います.



余談.
実は,今回クローズアップレンズを試みる前に,写真屋さんにフィルムのプリントができないか聞いて回ったのです.

結果,3店舗回って全店で“できない”とのことでした.
・コイデカメラ:機材が対応していないという理由
・個人写真店(但しフィルムのプリントは外注):著作権的に訴えられたら危ないからという理由
・カメラのキタムラ:できない,やらないという言葉のみでフィルムも見ずに門前払い

著作権の話は個人写真店の店主が説明してくれました.曰く
・映画の入場特典として貰ったフィルムだから,所有権はある
・しかしながら,フィルムの著作権がどこまで所有者に許されているのか分からない
・そのため,プリントして店が訴えられたらまずい

なかなか難しい問題があるみたいです.

コイデさんと個人写真店は最終的にはNGでしたが,ちゃんと相談に乗ってくれましたので良かったのです.
が,カメラのキタムラの応対には閉口してしまいました.
尋ねてみた瞬間に,厄介な客が来たとでも言いたげに,かなり険しい顔つきで「できない」「やらない」でした.
客として見られてない様な応対で,最悪な印象を受けました.

けいおんのフィルムをプリントする方は,手焼きをしてくれる個人写真店に相談してみましょう.
個人的に鑑賞するだけなら,ということでプリントしてくれるかも知れません.

個人写真店でも,外注している所は上記の理由でおそらくNGです.
カメラのキタムラはこっちから願い下げしましょう.相談するだけ無駄です.

とまあこんな事があり,最終的にクローズアップレンズを使ってみたということです.
手焼きは普通のプリントより高いらしいので,一眼レフを持っている人ならば.
クローズアップレンズによる方法は結構有効だと思います.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。