スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おはよう、またあした」 に感じる けいおん!

Singing!

「Singing!」をフラゲして以来、ヘヴィローテーションしてます。
このジャケットは通常版のジャケットです。映画のEDで5人がこの衣装を着て演奏する姿がもの凄く可憐ですよね。
手を繋ぐだけでなく、純白のリボンで縛り付けているのは何故だろう。いままでのけいおんのどのジャケットとも違い、皆の表情が物憂げなのも。
ジャケットだけでも気になる点が多いのですが、カップリング曲の「おはよう、またあした」(作詞:大森祥子 作曲:百石元)はこれまでのチャレンジングな主題歌CDのカップリング曲の中でも飛び抜けて異質なんです。

楽曲を音楽的に分析するほどの知識はないので、歌詞と曲調から話をしますが…

歌詞から読み取れるテーマは「放課後ティータイムの5人の新しい毎日がいつまでもいつまでも続いていく」です。
「人生に贈られたギフトのリボン 変わらず一緒にほどいていこう」なんて、常にキラキラな彼女たちをよく表現していて特に好きなフレーズです。

曲は、澪だけが歌うと思いきや、5人全員で歌っています。
「翼をください」「天使にふれたよ」「放課後ティータイム」でも同様ですが、この曲ではAパート、Bパート、サビはそれぞれ5人が等しく歌っていて、メインを張っているキャラがいません。
楽器の音色が少なく、ボーカルとコーラスに頼っている点も特徴的。

Aパート、Bパートとサビの違いがあまりなく、良くあるサビの起伏もこの曲ではあまり強調されないため、「毎日が淡々と続いていく」ことが曲調からも伝わってきます。

こうしてアウトロまでに放課後ティータイムの5人の「変わらない毎日と今ある感動」が淡々と語られ、
最後のアウトロのフェードアウトと再びのイン。そしてサビのメロディを繰り返しながらのフェードアウト

まるで「彼女たちの世界」が何にも混ざらずに、ピュアな状態を維持しながら永遠に封じ込められたような、そんな感覚を得ました。
端的には、「けいおん!世界の終焉」。または、「アニメけいおん!の終演」

ED曲のカップリング、つまり最後の最後に聴いたこの曲で、けいおん!が終わったことを印象づける意図を感じました。

ただの娯楽としての媒体を越えて、毎日に弾みと潤いを与えてくれる存在となっているけいおん!。
映画けいおん!が公開され、あとは劇場公開が終了するだけを待つのみで正直とても寂しい気がしていますが、
「おはよう、またあした」を聴くと、彼女らの毎日が永遠のものになったと、慰められます。

リアルを生きる私にとっても、「おはよう、またあした」と言い続け、前を向いて生きていきたいと。そう思います。
(30オーバーのおっさんが何言ってんだという感じですが、この曲は自分のピュアな部分を突っついてくるんです)

放課後ティータイムは永遠に。

完全に終了するまで、もう少し楽しませてもらうけどね。
スポンサーサイト

テーマ : アニソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

的確な解釈だと思いました。
Singing! も おはよう、また明日 もすごくせつない曲ですが、でも勇気をくれる名曲だと思いました。

Re: No title

うちの律がお世話になってます さんへ

うちのムギも大変お世話になっております。

けいおんの楽曲については、山田尚子監督は間接的な関与に過ぎず、
磯山P(ポニーキャニオン)、小森P(FMF)らのコンセプトに基づいて作られたはずです。
したがって、「Singing!/おはよう、またあした」はまさに音楽制作サイドとしての
けいおんの纏め上げだったのだと思います。

最後の最後で披露された楽曲は見事にHTTを永遠のものにしてくれました。
百石元さんはシリーズ音楽担当だけあって、変化球でもちゃんと
けいおんの音楽に仕上げてくれているのが良いですね。
大森さんの作詞も本当に素晴らしくて。

最近でも、けいおんが語られる媒体では第3期制作の希望が止みませんね。
私も、けいおんが続く限りついていきたいと思うけいおん狂ですが、
「Singing!/おはよう、またあした」をはじめとするけいおん楽曲を楽しみながら、
ゆったりと構えていたいと思います。

コメント有り難うございました。
プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。