スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん! ライブスタイル上映 in 立川シネマシティ

平成23年12月3日 祝!けいおん上映!!

立川シネマシティのライブスタイル上映へ行って参りました!

入口
立川シネマシティの別館、シネマ・ツーの入口。手前の歩道ではツリーのライトアップをやってました。




☆らいぶすたいる!
映画上映中でも騒いだり喋ったりできる夢のような上映スタイルが「ライブスタイル上映」です。
立川シネマシティでは、以前にマイケルジャクソンのThis is ITを上映して、それ以来とのことです。
http://cinemacity.co.jp/k-on/?banner=1

案内

初回の20:00からのは売り切れとなっていました。
観客が多ければ多い方が盛り上がるものので、面白くなりそうな予感がしました…!

売店
管内1階ではアニメイトとHMVが出張して来ていて、映画けいおんグッズとサイリウム、BDなどが販売されていました。

驚いたのは、
ギター達
楽器まで販売されていたこと!(HMVは楽器販売も行っているのでしょうか??)
ちなみに唯のGibson Les Paul Standard244000円でした(劇中と殆ど同じ値段設定で笑いました)
レスポの隣にあるのはepiphonのレスポールです。こちらは7万円でした。

☆じょうえい!

少なくない人がけいおん関連Tシャツを着ていました。
私もとっておきのルミネTシャツで参戦しました。
中には、唯のヨーロッパ顔を印刷して顔に貼り付ける猛者も。

上映時間になり、
のっけから唐突にCagayake!が爆音で流されて、いきなりライブ状態になりました。
劇場がサイリウムを配っていましたし、販売もしていましたし、
多くの人がサイリウムを振っていました。本当にライブみたいで綺麗でした…

観客も分かっている人(と言うか、騒ぎたい人)が多いらしく、オールスタンディングになりました。
Lazy, ごはんなど数曲流した後、映画上映となりました。
最速上映ではできなかったカウントダウンができましたよ!

映画が始まって、皆さん着席しました。

が!画面のキャラクターの発言、動きに対して実況!みーんな実況!でした。
2chなんかの実況板のリアルのノリです。
TBSや京アニのロゴが出るだけで「TBSありがとう!」「京アニありがとう!」と歓声が沸きました。
大声で言いたくても言えなかったことですよね。

ウリにしていた音響も素晴らしかったです。
爆音なので、BGMの「ドーン!」は体全体に音圧を感じる位でした。
その臨場感は、最速上映では感じられないものでした。

ライブスタイルは本当に、凄まじく楽しかったです。ぽっと出のコメントが凄く面白くて笑いが発生したり、
自分のコメントがウケたり
あずにゃんのドアップで「あずにゃんぺろぺろ」とかw
あずにゃんぺろぺろって表現にも、声が出せると抑揚の入れ方でもまた観客の反応が違うのが面白かったです。
リアル実況の恩恵ですね。

OP、テーマソング、劇中のライブパートではやっぱりオールスタンディング。
なので、けいおん曲を覚えてから行った方が面白いです。もちろん、周りの観客に合わせて合いの手を入れるだけでも面白いですが。

終盤のあの名曲の時だけは、全員着席してサイリウムを振るだけだったことに感心しました。どれだけ空気を読める奴らなんだと。

そして、EDでもスタンディング。

上映後、気を利かせたDJ氏がCwMでも最高の盛り上がりを見せたUtauyo!!を流してくれました。
最後の「大好きをありがとう」はやっぱり大合唱!

素晴らしい上映会でした。
また来たいなぁ・・・と思っていたら、
12月10日・24日にも上映決定!
http://cinemacity.co.jp/k-on/?banner=1

シネマシティの中の人は需要が読める人ですね!
18歳以上の人はけいおん愛を叫びに行くしかない!
GO CINEMA CITY GO K-ON!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ご来場ありがとうございました

アンチモン様

シネマシティの今回の企画をした者です。

とても素敵なイベントレポート&感想、ありがとうございます。

なにしろあまり前例をみないイベントでしたので不安でいっぱいでしたが、作品のクオリティ、DJの鮫島さん、そして何よりノリのいいお客様に助けられました。

ただ観ても、心から感動できる傑作ですが、ツッコミや絶叫を入れつつたくさんのファンといっしょに観ると、思わず爆笑したり、演奏シーンの熱狂が比べようもないほど増したり、まるで別の作品を観ているかのような面白さでした。

引き続き、熱狂の場を作り続けると同時に、いろいろな作品でこのようなスタイルで上映できるよう、今後ともがんばりますので、どうぞ変わらず応援してください。

このたびは、本当にありがとうございました!
プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。