スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後ティータイムII テープをNW-A840でダビングしてみた

放課後ティータイムII付属のテープを再生してみました。

PH-WCD660

今回の主役、MDへ移行して以来長らく押入に入っていたSANYO PH-WCD660です。
バブル期に流通していたことから、今ではバブルラジカセと呼ばれているみたいです。

動作チェックした所、カセットデッキの内、オートリバースの方とCDドライブは再生不可となっていました。
ということで、ダビング側は生きていました。

早速手元にあったカセット(JUDY AND MARYのシングルを編集した奴)で再生チェック。
このカセットも野ざらしで軽めに見積もって10年振りの再生でしたが、良好な音でした。
それにしても、早送り、巻き戻しの操作が無性にもどかしく、懐かしい。
いつの間にか、デジタル機器に慣れていたんだと認識した次第。。

それはさておき、ついに放課後ティータイムII付属のテープをインサート。
ラジカセ

こんなノスタルジーに浸れたのもHTT2の粋な特典のお陰ですなぁ。。。

再生内容はDisc2のCassette Mixと同じな訳ですが、モノラルとテープ独特のこもり気味な音声がツボりました。
Discではテープが切れる所は音声のみの演出だったのですが、テープではちゃんとA面が終了しますw(こういうお遊びが本当に嬉しい)
HTT2は五月雨20ラブもときめきシュガーもぴゅあぴゅあはーともどこか昭和を感じるサウンドなので、バブルラジカセと相性が良かったと思います、とても良いサウンドでした。

そして、ダビング。
手持ちのNW-A840と別売りのステレオミニプラグtoWM-PORT(ACCE製)を用いたダイレクトエンコーディング録音を行ってみました。
A840
本来はLINE OUTからステレオミニプラグに変換してNW-A840に突っ込むべきですが、2端子のコンポジットtoステレオミニプラグの変換器が手元になかったのでPHONE OUTから録りました。

音量は思いの外大きく良好だったのですが、高音部にノイズが入ってました。。
スピーカからの音は問題ないので、PHONE OUTの端子が怪しいと思ってます。
今度は、変換器を経由したLINE OUTからのダビングを試してみようと思います。。
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。