スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高専の女性教員の拡充方針

今日は高専の女性教員の拡充について書いてみたいと思います.

高専機構の教員公募ページでは今年度から,女性教員を優先的に公募する旨を強調し,女性教員の「限定公募」「優先公募」を表示するようになりました.
(限定公募にはいささか驚愕しましたが)
http://www.kosen-k.go.jp/careers.html
http://www.kosen-k.go.jp/joho_kobo.html

日本の労働人口減少を食い止めるための女性労働力の活用・男女共同参画の方針に基づいた採用策です.
高専では,同じく男女共同参画の方針に基づき,理系女子の人数増加を目指して様々な方策を実行中です.
例えば,「鳥取県リケジョのガールズ白書」など.

高専は理工系の教育機関なので,伝統的に男子学生が多く,それゆえ教員も男性が多く,共学なのに男子校みたいな雰囲気が少しあります.そして,男子学生の数にマッチした組織になっています.
そんな準男子校に女子学生が多く入ってくるとどうなるか.組織としての対応が間に合っていれば良いのですが,必ずしもそうでないこともあると思います.

教育機関として考えたとき,
女性教員を増やすのと,女子学生を増やすのとでは,女性教員の方が少し早くないといけないのです.
それは,女子学生の受け入れ数は女性教員の数に制限されるからです.
高専では,泊りがけの行事の他に寮務があるので,女子学生の対応のために女性教員が不可欠です.
例えば,研修旅行では,一定数以上の女子クラスでは女性教員の引率が必要ですし,
寮部屋の見回り(重要な生活指導項目です)などでも,女性教員の数を増やさないと回せませんし.

高専では,今ほど女性が採用されやすい状況はないでしょう.
女性教員を20%増やすという数値目標は本気の表れですね.
面接と実績による評価が拮抗している男性と女性では,女性が確実に優先されるみたいです.

高専では,化学や生物学の学科もあるので,昨今のバイオ女性博士は結構チャンスだと思います.
博士でなくても,博士取得予定の人でも採用されます.
また,専門科目に加えて,一般教養科目での採用も精力的です.こちらはたいてい修士号取得で応募できます.
国語で,英語で,社会で修士号を取得している女性はチャンスだと思います.

団塊の世代の定年退職で,地味に高専の職場環境も変わっていくということでしょうね.
スポンサーサイト

テーマ : 専門学校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

返信

とどほっけ さん

こんにちは.コメント有り難うございます.

私は,模擬授業が課されない面接を受けたことがありません.
なので,模擬面接の他に課された普通の面接パートで何を訊かれたかということでお答えしたいと思います.

概ね,「公募要項にかいてある内容の意思確認」および「採用後のことについての意思確認」と思って差し支えないと思います.
公募要項に関しては:
・教育と研究との両方について熱心かどうか.
・研究は,どのようなことを取り組んでいくか.
・研究費が極めて少なくなっているが,どのように外部資金調達や科研費を獲得していくか.
・言うことを聞いてくれない学生に対する対応はどうするか.
・高専の地域貢献にどの程度関心があるか.
・部活の顧問は何でも良いか.得意なスポーツはあるか.

採用後のことに関しては:
・合同で研究室を運営するようなことがあったら,どうか.
・複数の教員と同じ個室で執務をするようなことがあったら,どうか.

などなど.
面接官は人事権を有している校長をはじめ,実際に採用の可否を検討する主事クラスの教員,配属先学科の教員など,5~6人の教員で構成されていると思います.

国立高専は50キャンパス程度ありますが,各校で研究志向・教育志向など様々なカラーがあり,
そのカラーに沿った質問に受け答えができることが重要だと思います.

また,応募の時に送付した作文などは,あまり真面目に読まれてはいないと思って良いです.
なので,「その質問の答えは作文に書いてあるのに…」というような質問に対しては,
再度その作文の内容を口頭で伝えるなどで良いと思います.

あとは,あくまで面接なので,面接官の教員は「この人となら仕事出来る」というような観点で見てくると思います.
したがって,自分の考えを笑顔ではきはき答えられれば,まずは良いと思います.
はきはき答えられなくとも,相手は教員なので,しどろもどろになっても落ち着いて答えられれば問題ないと思います.

投稿者様が女性ならば,非常に良い時機だと思います.頑張ってくださいね.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

再返信

とどほっけさん

管理人のアンチモンです.
面接連絡は電話もあるんですね.勉強になりました.

公募書類提出から時期が空かずに返事が来たのは,
・公募の締め切りが近い
かつ
・採用の条件に合致する応募だった
ということがあると思います.
選考をいち早く進めるために,応募者に期待感をもたせるために,
また,応募者の活動のために,採用活動は早めに動かすものですので.

地方の高専の場合,交通費はかなりかさみますからね.
私も,高速バスを駆使してやりくりしたものです.

では,健闘をお祈りしています.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

とどほっけ さん

おめでとうございます!私も嬉しいです!
初っ端から忙しくなると思うので,早めに授業準備を進められることをお勧めします.
またご質問等ありましたら何なりとどうぞ.
頑張ってくださいね.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

とどほっけ さん

学位取得済での初任給だと,仰るとおり程度の額面だと思います.
高専機構が定めている管理職は校長,校長補佐(教務・学生・寮務主事)で,
管理職手当がつきますが,新任にはまったく関係のないことですね.
初年度からつく手当は,期末・勤労手当(ボーナス)の他,当直手当,住宅手当,通勤手当,超過勤務手当くらいでしょうか.
学振PDの月額36万円といっても年俸制ですよね.諸手当を加えたら同程度の額になると思います.
(ただし,現在復興財源捻出のために減給の措置となっていますが)

詳しくは高専機構の教職員給与規則をご覧ください.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 高専の応募・面接について

しおさばさん

アンチモンです。
しばらく更新していないブログに書き込みいただき、ありがとうございます。

明文化されているカラーは、学校の教育目標に凝縮されています。近くにある2,3の高専の教育目標を並べてみて、特徴的な記述があれば、それが高専のカラーだと思って良いと思います。
また、キャンパスのカラーは、例えば研究志向ならば専攻科修了生が大学院へ多数編入しているなどのデータから分かります。教育重視ならば、就職する学生が多いのではないかと思います(高専は5年間で実践的技術者を育成する機関なので)。
学科の構成(特筆すべき学科があるか)、地域的な観点(○○県における○○高専の役割)にも現れると思います。

ところで、しおさばさんは一般教養科目を受けられるのですよね。一般教養科目の教員は低学年の担当が多いです。したがって、カラーよりも、その高専にどのような中学生が入学してきて(つまり、どの程度の学力か)、その学生に対してどのようにしおさばさんの担当科目を学ばせて目標に到達させるのかを、教育目標に沿って考えることが大事かなと思います。
そのためには、しおさばさんの応募予定の科目のシラバスをよく読むこともオススメします。結局、採用に大きな影響を及ぼすのは、しおさばさんの同僚となる同じ科目の教員なので。

一般教養は応募が非常に多いらしいので、採用担当の先生の目に留まる書類にする必要があると思います。
掲示板上なので一般的な回答に留まりますが、こんなところです。具体的なご質問等ありましたらトップページのアドレスにメールをいただければと思います。
プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。