スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高専教員になって(2) 大学との違い・地域との連携

高専に就職し,色々な方々に助けて貰いながら仕事を覚えて,
無事6ヶ月が経過しました.
試用期間があるのかどうか定かではありませんが,自分としては,居心地の良さを感じています.

高専というのは,大学・短大など他の高等教育機関や小中高などの初等・中等教育機関と比較して
学校数が桁違いに少ないので,その実態は余り知られていないのではないかと思います.
まして高専教員となると,尚更だと思います.

そういう実態を鑑みて,当ブログではちょこちょこ高専教員について書いている訳です.


今回は,高専教員の就職と高専の役割についての話です.

1.就職の口としての高専教員と大学教員の差

世間的には,高専の方が給料は少し少なくて,職位が同じ教授でも高専は一段階低いとされています.
そして,研究よりも雑用が多いというのがネットで出回っている高専教員の定説です.

研究に充てる時間を食い潰す“雑用”
2chなどのログを漁ると,“ガキのお守り”という表現が多用されますねw
これは,ある意味合っているなあと思います.(多分実際の高専教員が愚痴を吐いているでしょうからね)

博士号を目指す人の多くは研究職に就くがために必死に博士論文に取り組む訳で,
大雑把に表現すると,研究以外の職務は邪魔なんだと思います.
子供の世話とは,様々な研究・授業以外の校務を指し,当ブログでも度々触れているとおり,部活動の顧問や寮務,担任,果ては遠足の引率などがあります.

これらは,高専教員にとってなぜ校務なのか.

詰まるところ,高専は技術者養成機関であり,教育機関として全人教育を実践していることがその理由です.
(これら二つのポイントは中教審でもたびたび高専の特徴として議論されています)
この点で,同じ高等教育機関でも,大学・短大とはまるっきり違うと思います.(短大,大学に勤めた訳ではないので推察ですが)
高専の意義を理解せずに就職してしまい,将来的にも賛同できない研究志向者は,きっと就職してから大学に転職したいと思うでしょう.

高専の公募要項には,以下の文章が必ず明記されています.
「高等専門学校の教育・研究及び学生指導(学級担任,クラブ指導など)に熱意のある方」

この一文を軽く見るか,重く見るかで高専教員の適性が測れると思います.
重く見る人・大事だと思う人は,高専教員に適性があると思います.

このように,大学と高専は,どちらも研究がやれて,教授などの職位があり,福利厚生もほぼ同じなのですが,大きな差があります.

2.地域へ優秀な人材を輩出する役目としての高専
国立高専は全国に51校,殆どの都道府県に1校はあります.つまり,高専は国策で設置されました.
現在まで,産業界が求める技術者を輩出するのが高専の役目です.
この場合の産業界とは,高専が都道府県に1校程度という数からすると,県内・あるいは県を跨いでも産業的に結びつきが強い地域内の産業界を指しているものと思います.

高専教員の研究は,純粋な学術的研究(学生に学問を教えるための,自身の学問追求のため)の他に,地域産業との共同研究・受託研究が重要視されています.
地域に対して高専が如何に高い技術的な支援を行うことが出来るかが問われ,
そしてその支援を基に産業界が競争力が高いモノを作り出し,地域の富を殖やすことが出来るかが期待されています.

田舎高専の我が校でも,最近は高専卒業者は都会や県外に就職する人が多くなっていますが,
地元の有力企業に就職する人も依然多く,喜ばしいことだと思います.
優秀な人材こそ地域の富に他ならないでしょうから.

現在,産業の空洞化・田舎の過疎化・少子化・国際化にある我が国において,
高専の役割はいっそう問われています.
教員も一枚岩ではありません(寧ろバラバラと言うべきでしょうか).
私も,高専の意義には賛同しますが,高専生はその高い教養と技能でもっと県外・海外に出て行くべきだとも思っています.
(でも,私自身は地方分権社会,地産地消の社会こそがこれからの我が国の目指すべき姿だと思い,地方に移り住んできた訳ですが)


高専が設置されて今年で50年を迎えました.
高専のあり方は,今後とも難しい課題なのだと思います.
私も,機構の一職員として,もっともっと考えていきたいと思います.
スポンサーサイト

テーマ : 短大・大学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

部活動について

こんばんは。いきなり失礼いたします。
将来高専などの高等教育機関で教員になることを希望しているものです。

中学校や高等学校と比べて、部活の指導はどのくらいあるのでしょうか。わざわざ最初から最後まで教員が監督せず、ある程度は学生が自主的に行うものなのでしょうか。いろんな校務があるようだと、部活まで手が回るのかなという印象もあります。そこまで部活を熱心にやらなくても、周りに白い目で見られることはないのでしょうか。

また、高専に着任して、最初どの部活を指導したいか、文化部か運動部かなども含めて希望は聞いてくれるのでしょうか。全く経験のない部活に行かされることもあるのでしょうか。コーチなどがいる部活は教員も部活に出ていくものなのでしょうか。

質問にお答えいただければ幸いです。

こうきぼ さんへ

こんにちは.コメント有り難うございます.
質問にお答えします.

私が知っている範囲で,また,不確実な情報もあるかも知れない,という前置きで
お答えさせていただきます.
部活指導ですが,大抵の部活は複数人の教員が顧問になっています.
複数の中で,熱心にされている顧問の先生もいらっしゃいます.校務や他の理由でそれほど熱心にされない方もいらっしゃいます.
熱心にやらないからと,白い目で見られることはないと思います.
寧ろ,熱心にやる方はそのスポーツや活動に精通している方で,比較的少数派だと思います.
というのも,着任時では部活動は選べないからです(例外もあるのかも知れませんが).
転出された・定年退職された教員の補充として,欠員のある部活に優先的にあてがわれるのが普通だと思います.
年度末には希望調査が行われるらしいのですが,詳しくは分かりません(まだ未経験です).

因みに,私の担当している部活に対しては,私はまったくの素人です.
部活指導は,今のところ試合に向かう姿勢などメンタル的な指導と大会への引率が主です.
(大会出場は学校の管理下で行いますので,その引率は顧問の義務であり,れっきとした校務です)
部活については,主顧問の先生も,つきっきりで面倒を見ることはないと思います(そんな暇はない).
つまり,学生達が自主的に行っています.

以上です.
お役に立てれば幸いです.
またどうぞ.

ありがとうございます

早速のお返事ありがとうございます。

実際私は高校の教員をしておりまして(修士号は取得済)、部活動の引率等は日常的におこなっております。ただ、高専に行くとどのくらいの負担があるのかと思い、コメントを書かせていただきました。

アンチモンさんはどのくらいの頻度で部活に顔を出されていますか(平日も休日も?)。大会の引率などは主顧問以外も義務になるのですか。

高校だと、主顧問だけが動いてたりはしたり、ちょっと副顧問に代わりに引率やってもらったりなどができますね。

お教えいただければ幸いです。

こうきぼ さんへ

こうきぼ さんへ
コメント有り難うございます.

高校の教員さまでしたか.高校の事情を教えてくださり有り難うございます.

私は,平日は週1回です.それも,終わりの時だけです.
休日は,大会引率だけですね.
ということで,日常的に部活に関与している訳ではありません.

私の所属している部活では,引率は高体連の大会に属する1~3年,高専大会に出場する4,5年と一般の大会に出場する学生(学年に無関係)とで区分けしております.
主顧問はすべての大会に可能な限り引率され,その他の3人がそれぞれ区分けされた大会を引率します.
(が,実際は主顧問の先生が頑張っていらっしゃいますね(笑))
つまり,大会引率はいずれかの顧問が担当すればいいので,全顧問の間で合意があれば良いと言うことです.
例えば,年に一度は必ず大会引率しなければならない,と言うような職務命令はありません.

私は高体連関係の担当なので,比較的多めだと思います(4~12月で2週間分程度でしょうか?).
でも,高校の先生とも交流させていただき,有り難く思っています.

こうきぼさんはどのような科目を担当されているのでしょうか.
また,高専の公募に応募するとしたらどのような分野でしょうか.差し支えなければお教えください.

また高専についてご質問がありましたら,遠慮なくどうぞ.

ありがとうございます。

そうですね。やはり、部活よりは他のところに専念することにはなりそうですね。研究などにもしっかり取り組みたいですね。引率などはたぶん、1~3年ですかね(高校生相当)。こういった交流の機会を持つことができ、私も嬉しく思っております。

教科は英語なので、一般教育(英語)ですね。機会がありましたら、よろしくお願いします。

No title

ご存知だと思いますが、高専は今より昔の方が遥かに悲観的な見られ方をしていました。設立当初は上位1%以内の大優秀が進学していました。にも関わらず、大きな学歴社会の前には打ち克てず、その能力が埋もれたままの卒業生が多く居ました。そういった事情もあって高専生はレベルダウンし、それが更に企業からの評価を低くし、高専は設立されて10年経った70年代から急速に人気がガタ落ちで、過疎地の高専では不良の巣窟化していたともいわれます。

おそらく、いまの60歳~65歳の高専卒は大手企業でも昇進している方が多いと思います。一番、冷遇されていたのが今の40代、50代の高専卒だと聞きます。

もちろん企業によってかなり違うので、高専卒にとっての企業選びは、他の大卒・高卒のそれとは比べ物にならないぐらい重要な意味を持ちます。

コンピュータ教育を受けたのに、旋盤加工にまわされてはその能力が発揮できません。それで旋盤加工が余り得意でなかったら「高専卒は使えない」というレッテルを張られます。

就職先に関しては規模や知名度だけではなく、前歴、つまり先輩方の意見を重要にした進路指導をすべきじゃないかと思います。いくら、世間的に優良企業だったとしても、高専卒に対する扱いは高卒程度ならば、それは高専生に勧めるべき企業ではありません。

もちろん高専生は「学生」ですので、すべて自分で決めるのがあたりまえですが、若干、世間知らずな学生も見受けられるので、そこを強調するだけで、何人か救えるかもしれません。

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。