スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高専の女性教員の拡充方針

今日は高専の女性教員の拡充について書いてみたいと思います.

高専機構の教員公募ページでは今年度から,女性教員を優先的に公募する旨を強調し,女性教員の「限定公募」「優先公募」を表示するようになりました.
(限定公募にはいささか驚愕しましたが)
http://www.kosen-k.go.jp/careers.html
http://www.kosen-k.go.jp/joho_kobo.html

日本の労働人口減少を食い止めるための女性労働力の活用・男女共同参画の方針に基づいた採用策です.
高専では,同じく男女共同参画の方針に基づき,理系女子の人数増加を目指して様々な方策を実行中です.
例えば,「鳥取県リケジョのガールズ白書」など.

高専は理工系の教育機関なので,伝統的に男子学生が多く,それゆえ教員も男性が多く,共学なのに男子校みたいな雰囲気が少しあります.そして,男子学生の数にマッチした組織になっています.
そんな準男子校に女子学生が多く入ってくるとどうなるか.組織としての対応が間に合っていれば良いのですが,必ずしもそうでないこともあると思います.

教育機関として考えたとき,
女性教員を増やすのと,女子学生を増やすのとでは,女性教員の方が少し早くないといけないのです.
それは,女子学生の受け入れ数は女性教員の数に制限されるからです.
高専では,泊りがけの行事の他に寮務があるので,女子学生の対応のために女性教員が不可欠です.
例えば,研修旅行では,一定数以上の女子クラスでは女性教員の引率が必要ですし,
寮部屋の見回り(重要な生活指導項目です)などでも,女性教員の数を増やさないと回せませんし.

高専では,今ほど女性が採用されやすい状況はないでしょう.
女性教員を20%増やすという数値目標は本気の表れですね.
面接と実績による評価が拮抗している男性と女性では,女性が確実に優先されるみたいです.

高専では,化学や生物学の学科もあるので,昨今のバイオ女性博士は結構チャンスだと思います.
博士でなくても,博士取得予定の人でも採用されます.
また,専門科目に加えて,一般教養科目での採用も精力的です.こちらはたいてい修士号取得で応募できます.
国語で,英語で,社会で修士号を取得している女性はチャンスだと思います.

団塊の世代の定年退職で,地味に高専の職場環境も変わっていくということでしょうね.
スポンサーサイト

テーマ : 専門学校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。