スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トモダチ作戦(Operation Tomodachi)で感じた日米同盟

東北関東大震災で活動している自衛官が即応予備自衛官含め、のべ10万6千人
(3月30日現在、防衛省HP http://bit.ly/eO2SSP)
自衛隊全体で25万人超(平成18年度、http://bit.ly/gBuqha)なので、実に4割強の隊員が従事していることになる。
これは、空前の出動人数らしい。

この有事での防空力を試すように、人民解放軍のヘリが海自の護衛艦に接近したり(26日)、ロシアの戦闘機が防空識別圏に浸入したり(30日)と、国土防衛でも予断を許さない状況が続いている。
火事場泥棒的にやらかしている中国やロシアも支援を行ってくれてはいるものの、やはり信頼は出来ない。

国土防衛任務など他の本来任務もある中で、それらを維持しながら自衛隊が震災で活動しているのは本当に凄いことだと思う。自衛隊には心から応援したい。

だが自衛隊の災害出動は本来任務の一つ。人数が膨らんではいるものの、義務なのだ。

自衛隊と対比したいのが在日米軍。義務ではない、人道支援としていち早く震災支援に乗り込んできた在日米軍の人数は、ルース駐日米大使のtwitterによると30日まででのべ1万5千人(http://bit.ly/edy485)。
この圧倒的な数字から日米同盟が言葉ばかりではなかったと言うことを率直に感じた。

地震発生後、太平洋を航行していた原子力空母ロナルド・レーガンが仙台沖に直行。
13日に自衛隊の護衛艦と合流後、直ちにヘリでの捜索・救命活動に乗り出した(読売新聞、http://bit.ly/h1LR5k)。
これまでに、自衛隊では着陸困難だった陸地への着陸、緊急物資の輸送、救助活動、果ては小学校の体育館の掃除まで支援活動が及んでいることが報道されている。

この、強力な支援態勢には全く感謝せずにはいられない。
彼らは純粋に同盟国の災害支援で現場まで来て活動している訳だから。

米軍に限らず日本は極めて多くの国から支援を受けている。
災害から復興したら、米国やその他の国々に恩返しをするために、自衛隊が他国で災害支援を出来るようにすべきだと思う。
今がまさに有事だから心から思うことだが、平時に国内で行われている他国への自衛隊派遣の是非に関する議論が如何に下らないかということだ。
武力行使だの武器輸出だのの法律論が、自衛隊の活躍の場、それはとりもなおさず日本の活躍を意味するのだが、を如何に妨害しているか。
「自衛隊は戦争の道具」などと声高に叫び、殊更に自衛隊を嫌忌する方々は、この有事にあって、何を思っているのだろうかと。

震災によって日本国民の協同意識がこれまでになく高まったように、日米同盟も更に深化するだろう。
66年前、大東亜戦争末期での無差別爆撃・原爆投下など虐殺の罪が消える訳ではない(彼らはこれまでに償ってもいない)が、震災での米軍の尽力は信頼感を抱かせるのに十分だ。

「航空ファン」の編集者が感謝の気持ちとして在日米軍に日の丸を意匠とした“Operation Tomodachi”ワッペンを配布・提供している。
米軍人さんが着用している姿が報道されており(産経新聞、http://bit.ly/ehU2tS)、もの凄く好評だそうだ。
このワッペンは通販を通じて1枚1000円でチャリティ販売され、製作コスト以外の利益全額を義捐金とするらしい。
注文が殺到していて手元に届くまでにやや時間が掛かるらしいが、ぜひ買いたいと思う。
通販サイトはこちら。http://navygear4u.ocnk.net/
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

東北地方太平洋沖地震_緊急消防援助隊_三重隊@東名海老名SA

平成23年3月12日10時20分頃、東名高速道路 海老名SAに立ち寄った際、
偶然見掛けた沢山の緊急車両を撮影しました。
三重県各自治体の消防関係車両と救急車で構成された三重県緊急消防救援隊です。
http://www.pref.mie.lg.jp/D1BOUSAI/soshiki/enjyotai/index.htm

救助隊遠景

消防車

救急車
(画像右側切れていますが、画像のみ表示すると救急車全体が表示されます)

海老名SAでは隊員の小休止と車両の燃料補給を行っていたようでした。

この時刻では、前日からずっと東名高速道路も太平洋沿岸部での通行止となっており、
一般道では凄まじい交通渋滞だったことが容易に想像できます。
彼らは恐らく前日夕方、遅くとも深夜に三重県を出発したんだと思います。
極めて迅速な意志決定がなければ、この様なことは実行できないはずです。
その強い使命感に敬服します。

彼らはこれから被災地である福島・宮城地域へ向かうのでしょう。
被災地ではかなり危険な状態が続いているとのことなので、是非、気をつけて。
彼ら自身が被災しないことを心から祈りたいと思います。
そして、是非、被災地で一人でも多くの命を救って欲しいと思います。

続きを読む

けいおん!!物販ケミカルライト(サイリウム) 発光の時間変化を観察してみた

激しく今更ですが、

けいおん!! Come with Me!!ライブの物販で購入した
公式ケミカルライト(サイリウム)。


ライブ中のキャラソンパートで一気に折ったサイリウムでしたが、実はライブが終了した後も光り続けていました。
その発光時間が割と想像を超えるものだったので、レポートしたいと思います。

まず、パッケージから。
package
公式で販売されたパッケージは「レフト」と「ライト」セット2つがありますが、当方が購入したのは「レフト」セット。手持ちの大閃光に純ちゃんの水色と和の黄緑がなかったので。(ちなみに価格は2000円)

サイリウム本体に「LUMICA」の刻印があることから、LUMICA社の5インチレギュラーだと思われます。

サイリウムにぶら下がっている物はライブビジュアルのチャーム(携帯クリーナー)です。
キーホルダー代わりにぶら下げても面白い一品だと思います。
(実は純ちゃん単体での公式グッズってこれが初めてじゃないかと思うんですが、どうでしょう?)

さて、本題。
実験条件ですが、
全てのサイリウムそれぞれについて、折った時刻は2月20日の18:00と見なしました。
実際は唯→ムギ→憂→純ちゃん→和の順番で、唯と和の間には1時間30分程度の差があると思います。
なので、経過時間はおおよその値だと思って下さい。
また、サイリウム撮影は夜間(23時~27時)で曇天ないしは月明かりで、カーテンで外部からの光を遮断しています。

☆33時間後(ISO 800, 露光時間3.2 s)
chem022

5本とも目視でも十分な発光強度を示していました。

☆55時間後(2日と7時間)(ISO 800, 露光時間4 s)
chem023

赤、ピンクの発光強度がやや減衰しました。

☆79時間後(3日と7時間後)(ISO 3200, 露光時間1 s)
chem024

赤、ピンクの発光強度の減衰が顕著になってきました。
黄緑もやや弱くなってきました。

☆103時間後(4日と7時間後)(ISO 800, 露光時間5 s)
chem025

露光時間5 sの為に光って見えますが、赤はほぼ消えています。ここで唯のサイリウムが旅立っていきました 敬礼(`・ω・́)ゝ

☆129時間後(5日と9時間後)(ISO 800, 露光時間6 s)

chem026

赤は既に完全に消灯しており、ピンクが消えかかりです。
一方、オレンジ、黄緑、水色はまだ暗闇に慣れた目ならば光っていることが分かりました。

☆152時間後(6日と8時間後)(ISO 800, 露光時間10 s)
写真でも確認しにくいので、まずは、明るい時の配置から示します。
chem027_on
奥から黄緑、水色、オレンジ、赤、ピンクです。
黄緑と水色のサイリウムは蛍光灯下では黄色っぽい色を示します。

次に、暗闇下での写真。
chem027_OFF
ピンクがお亡くなりになっていることが明らかです。ムギちゃん…

サブキャラの3本はまだ光っています。
しかしながら、実は3本とも風前の灯火で、特にオレンジは消えかかりでした。

経時変化を観察したのはここまでです。
したがって、水色と黄緑がもっとも長い時間光ったという結果となりました。
観察した限りでは、152時間。ライブが終わってから6日も経過してもなお光っていてくれました。

ライブが終わっても、サイリウムのお陰でライブを感じることが出来ました。
LUMICAレギュラーの底力、あっぱれ!

テーマ : けいおん!!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。