スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京:在日中国人の多さ

秋葉原のヨドバシカメラでひときわ大きく聞こえる独特の中国語的イントネーション.すげー熱心に製品を選んでる.
どうぞ日本にお金を落としていってください.

大塚のH高屋の店員.二人とも中国人.
最近多いんだよねー….まあお釣りがちゃんと合っていたし,良いか.

TYホテルのお部屋係.チェンさん.

・・・
・・・
・・・

東京大丈夫か?と流石に思った.

日本人がやりたがらない仕事も,彼らからすれば高額のバイト代のために厭わずにやるのが中国人.
日本人の若者が仕事を選ぶようになってしまったのか.
それとも日本に来る中国人は勤勉なのか.
よく分からないけれど…
東京の労働事情は,中国人なしでは成り立たなくなっているんじゃないのか?と思った.

3年ほど前から実感として,中国人が多くなってきたと感じている.
法務省の統計でも明らかだけど,本当に多い.
町田の住宅地でも,鳥取のような地方でも,どこでも聞こえる中国語.
彼らは日本社会に溶け込め切れていないし,東日本大震災で逃げ帰る位だから,
一時的な滞在なんだろうけど.

中国人留学生の不法受け入れで補助金ゲットしていた酒田短大の例もある.
マフィアによるビザ偽造などの噂は枚挙に暇がない.
どれだけ不正に中国人が日本に流入してきているのやら.
安倍晋三の「留学生数の増加を教育再生の要にする」指針は間違っていないと思うけど,
(留学生の存在は日本人学生をも刺激する.日本人学生の国際化にも繋がる)
バイトに精を出す中国人や諸外国人に莫大な国費を投入する前に,受け入れ学生の精査,選別をして欲しいところ.
自由と繁栄の弧に沿った諸国,東南アジアだけでなく,例えばトルコなどの東欧やインドの学生の受け入れ促進を進めるべきだと思う.
インドネシアやマレーシアなどのイスラム学生の受け入れが可能なのだから,きっと他宗教との文化的諸問題も乗り越えられる.
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

森口尚史(自称iPS細胞研究者)の功罪

研究教育機関に勤めている者として、一言言わずにはいられません。

読売新聞報道に端を発した、自称・iPS細胞研究者の森口尚史氏のことです。

今、最も熱い報道ネタになっていて、既に森口氏が虚言癖をもつ詐欺研究者であることがほぼ確定的となっていますね。
何処の世界にもいるんです、こういう人。
嘘をつくのが上手くて、嘘を系統的につけられる才能の持ち主。
普通は、お金をゲットする詐欺師(寸借詐欺・オレオレ詐欺・結婚詐欺・マルチ勧誘・アヤシイ新興宗教など)の類が多いのですが、
この人の場合は、成果・名誉の類をゲットする詐欺師ですね。
世界的には、ES細胞研究の韓国人ファン・ウソク(黄禹錫)氏(元ソウル大学教授)が有名ですね。
国内では、トルコ人のアニリール・セルカン氏(元東京大学助教)が有名ですかね。

まあ、科学者の風上にも置けない、どうしようもない人達です。

今回言いたいことでは上記のことではありません。
本来機能すべき審査・チェックが行われていない、ということです。

問題点その1.報道機関が公器として報道する科学的事実の裏付けの欠如
今回、読売新聞はもとより、自称クォリティペーパーの朝日新聞や毎日新聞なども
森口氏に引っかかって、ありもしない成果を世界に垂れ流しましたが、どうして裏を取らなかったのか
そして、裏を取らなかったことを痛切に受け止めないのか
腹の立つことに、未だに虚言癖のある人間から言質を取ろうとしている
あまりにも無意味で、あまりにも時間の無駄。報道ネタがそんなにも足りないのかと、呆れるばかりです。
森口氏をネタにしている暇がある位ならば、報道機関としての自覚があるならば、チェック機能の甘さを検証して、記者の質も上げて欲しいと思います。
捏造したり虚偽だったりしても罰せられることがないので、無駄な願いだと思いますが。

>問題点その2.大学関係者が研究者を採用する時の履歴書チェックの欠如
森口氏は、筆頭著者の論文に他研究者(山中教授など)の論文内容を盗用していたことが明らかになっています。
また、共著論文でも、他研究者の名前が無断で使用されていることが示されました。

特に大がかりな研究の学術論文というのは、共著者が数十人いるものも珍しくないのです。
だから潜り込むのも簡単なのだろう…というのは分かりません(私にとっては信じがたい)が、
森口氏は自著の論文に箔を付けるため(?)に他の研究者を共著として記載していましたね。

大学などの研究機関の研究員の公募では、応募者は必ず学術論文や国際会議の発表の一覧を記すことになっています。
それらの数と内容の優秀さが研究者としての評価なんです。
普通の応募者のそれらの一覧は、正しいものです。研究者として嘘を記載することは感覚的に出来ないですから。
でも、その良心に審査側が甘えちゃいけないでしょう。

審査するのは、ふつう研究機関でもベテランの先生方です。大学なら教授会メンバー、高専でも主事経験者クラスですね。
これらの先生方は、一般的に猛烈に忙しいです。実績を確認する時間などある訳がありません。
また、研究分野が同じであることは希なので、共著者などの名前も知らないのがふつうだと思います。
結果として、一覧のチェックはザルになりますね。

大多数の誠実な公募戦士は、何十通も応募するのが普通です。
少なくない公募戦士が、自分が精一杯積み上げてきた実績をひっさげて戦っています。
そんな彼らにとって、森口氏を雇ってきたのが一流の東京大学やら東大病院だったことは、まさに憤怒そのものことでしょう。



しかしながら、今回の件で少なくとも文部科学省をはじめとする省庁は、国際的な信用を回復させるために、公募時のチェックを強化せざるを得ないでしょう。そこは期待したいです。

森口氏みたいな詐欺研究者って、沢山いると思うんです。
例えば日本人研究者が学歴を偽っても、国内の関係学会などで追放される程度で、
私生活的には痛くもかゆくもありません。(森口氏は、顔があまりにも売れてしまったので、その限りではないと思いますが)
森口氏はのこのこ記者会見している位ですから、書類送検ですらされませんね、恐らく。

公務員試験の応募時に最終学歴を偽り(大学卒業→高校卒業)就業後に発覚、懲戒免職されるというニュースがたまにありますが、まあ森口氏もその程度で済むしょう。

個人的には、研究業績の一覧での虚偽記載には刑法が適用されても良い位だと思います。
公募に落ちて研究職を諦め、路頭に迷う人・樹海に入っていく人だっているようなご時世ですから。

山中伸弥京都大学教授が研究者としても、教育者としても、とても素晴らしい人がいる一方で、森口氏のようなどうしようもない人もいて。
森口氏にもこれまでに公的資金が研究費として注入されているという現実があって。

ちゃんとした研究・ちゃんとした研究者に研究費が充てられて欲しいと思います。本当に、切実に。

続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

金環日食の日

平成24年5月21日

鳥取県米子市は、残念ながら金環日食の地域から外れ、部分日食でした。
しかし、食の割合は80%以上?のなかなかお目にかかれない日食となりました。



今回は減光フィルタも日食グラスもなかったので、昨夜作ったアルミホイルのピンホールで
日食を観察してみました。
方法
牛乳パックとアルミホイル。製作時間3分。穴開け2分。

7:15頃
1

7:19頃
2

7:25頃(最大食付近
3
最大食では、くっきりと皆既日食に近い日食が拝めました。
生きている間に何度もあることではないので、晴れただけでも幸せ


最大食付近の時刻では、レイリー散乱の西日のような明るさで不思議な感覚でした。
以下の2枚は同じ露出設定です。明るさの差が伝わればいいのですが。

7:07頃
明るさ1

7:12頃
明るさ2




今日は一日日本中で金環日食で沸き立ったようですね。
駅のホームや電車の中から日食グラスを構える人も居たみたいで、
やっぱり日本人はお祭り好きというか、人がやることを自分もやりたがるというか。
しかしながら、老若男女が一斉に空を見上げて天体観測を楽しむというのは、
サイエンスが身近な社会だからこそできることで、日本人は総じて科学的探求心があるんだと再認識しました。

普段は下らないエンタメにまみれている朝のテレビ番組も、今日ばかりはサイエンスやってて感動。

明日は東京スカイツリー開業とのことです。
テレビ番組が技術的な話をしてくれたら嬉しいなあと思います。

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

アンチモン

Author:アンチモン
6年目高専教員です。博士(工学)。
高専教員になりたい人は、コメントいただければ必ずレスいたします。



Welcome! Please take a little break.

I am sorry this blog is written by Japanese totally.

But, If I can get some comments in English, I am willing to response.



とりあえず一服して、ちょっとずつでも前へ進んでいこう。





訪問ありがとうございます!
(2011/05/29 newly established)


Contact to me: k.on.come.with.me<@>gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。